タケノッコーン2018/04/21 21:55

春です。タケノコの季節です。
というわけで、タケノコ堀に行ってきました。

道産子にとってタケノコとは根曲がり竹ですね。
細くてアスパラガスみたいな感じです。
気になる方はグーグル先生に「北海道 タケノコ」と聞いてみてください。

なので、大阪に引っ越してきて春先にスーパーで
でっかいタケノコを見たときは「!?」って感じでしたよ。
そもそも北海道に竹林ねぇし。(道南にあるらしいといううわさは聞く)

だからというわけではありませんが、僕はずっとタケノコ堀にあこがれているのですが
なんせ周りの人たちは全く興味を示さず。
むしろなんで疲れるようなことしに行かなきゃならんの?って空気です。

そんなわけでなかなか賛同してくれる人がいなかったのですが
この度友人を言いくるめて念願のタケノコ堀ができたわけです。

京都のとある農園に1か月前から予約を入れてましたよ。気合充分です
農園に着いたら受付を済ませて、さぁタケノコ堀だ!と思ったら
実は竹林まで少し山歩きしないといけないんですね。
運動不足の人らにはちょっとしんどいかもしれないですが
僕は期待のほうが勝っていたので、全然平気でした。

で、歩くこと十数分。ようやく竹林について、あたりを見回すと・・・

タケノコ

タケノコ来たーーーーーー(・∀・)!
僕一人でテンション上がってて、友人は僕を変な目で見ていたことでしょう。

タケノコってこんな風に頭を出したものはもう硬くてダメだって聞きましたけど
農園のおっちゃん曰く、ここのタケノコはこれくらいのがいいのだとか。
こんなに頭が出てますけど、全部この日育った分らしいです。

お土産は一人500グラムまで無料で、それ以上は量り売りになるシステムです。
ここまで来たらお金なんぞいくらでも払ってやるわ!
とにかく巨大なタケノコを見つけるべく竹林をうろうろしていると
すごくよさげなのを見つけました。

タケノコ

農園のおっちゃんも、これはいいぞ!って勧めてくれたので
傷つけないようにスコップで慎重に周りを掘り起こし始めたのですが
思った以上に大きくて、15分くらい掘って、さらにおっちゃんに助けてもらって
ようやく取り出せました。

タケノコ

みてよこれ!土の下にこんなのが埋まってました!

タケノコ

重さ2.8キログラム!!お土産用の5倍以上の大きさ!
追加料金は1800円ほどになりましたが、大満足です。

掘ったタケノコは、たけのこご飯、筑前煮、チンジャオロースーにして食べました。
柔らかくてとてもおいしかったです。

来年も行けたらいいなぁ。(´ー`)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nekonin.asablo.jp/blog/2018/04/21/8831017/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。