ブリの子供2017/06/10 23:45

久しぶりに武庫川一文字に行ってきました。

ここ最近、朝一番でブリが上がっているという情報を目にしたので
もしかしたら自分も・・・とちょっとだけ期待したものの
思いっきり寝坊しました。スマホのアラーム、スヌーズを
無意識に止め続けていたようで、起きたら朝5時半でした。

海の状態が良ければ、日中~夕方にもチャンスがあるとのことだったので
夕方16時から短時間勝負をしてきました。

ブリが釣れるかもという状況でも、僕は愛用のシーバスロッド一本です。
だって、対象ごとに道具変えてたらお金がいくらあっても足りないんですもの。

とはいえ、僕のシーバスロッドはライトゲームはできませんが
そこそこ重いルアーも投げられ、70㎝近いシーバスも
難なくあげられるだけの力があるので
実際これ一本でかなり遊べるものだと思ってます。
周りがなんと言おうと、僕はこの一本で勝負です!
(さすがにここで釣れている1mオーバーのブリは上げられないでしょうけど・・・)

で、ピンクのメタルバイブレーションを付けて
ひたすら投げては巻きを繰り返していると
ブルブルっという感触が手に伝わってきました。
このブルブルはきっと小さい青物系だろうと思いながら上げてみたら

ツバス

ブリの幼魚で、関西ではツバスというようです。
サイズはメーター級のブリにははるか及ばず30センチほど。

とはいえ、ブリの子供ですから、きっと味はおいしいんだろうということで
持って帰って食してみました。
(結局釣れたのはこれ一匹でした・・・)

ツバス大根

小さいので3枚おろしにして、ツバス大根にしてみました。
身が厚くないので見た感じは貧相ですが
味はしっかりしてておいしかったです。
このサイズだと2~3匹は食べられそうですね。

ところで・・・武庫川一文字は全長4.5kmの防波堤でして
入場制限がかかるほどの大勢の釣り人がブリを狙っているのですが
その中で実際に釣りあげる人が数人ということなので
過度の期待はしないほうがいいのかもしれませんね。
ツバスなどで楽しみつつ、万が一でも釣れたらいいな~程度に
考えておいたほうがストレスなく楽しめそうです。

松山出張2017/06/09 21:17

出張で松山に行ってきました。

打ち合わせが夕方17時半からと遅かったので
帰る飛行機がなく、後泊となってしまいましたが
上司から「たまにはゆっくりしてくれば」というありがたいお言葉をいただいたので
それに甘えて道後温泉に宿泊することにしました。

松山城

大阪<->松山って意外と飛行機の便はあるんですけど
今回のように17時半打ち合わせだと13時ころ着の便しかなく
(次が16時台なので間に合わない・・・)
時間をどうつぶそうか迷った結果
松山城などチラ見しに行ってみたり。

打ち合わせ自体は1時間もかからず終わったわけで
あと1時間開始が早ければ大阪に戻れたのに・・・
などと思いながらも、初めての道後温泉にちょっとワクワクしてみたり。

道後温泉

これ、昨年台湾に行ったときに似たようなのを見ました。
松山市と台北市が交流しているからなんだとか。

道後温泉

道後温泉本館ですが、趣のある建物ですね。
どうせなら周りの建物もこういう時代感ある外見にすればいいのに

入ってみると意外と狭かったです。
古い銭湯といった感じです。
お湯も無色透明で、温泉なんだろうか?と思いましたが
まぁそこは深く考えないようにして
雰囲気を楽しめばいいやってことにしました。

今回は出張だったのでバタバタしていましたが
旅費もそれほど高くないことが分かったので
あらためてのんびり来てみるのもいいかもしれません。

シーバス祭り2017/05/19 23:35

最近あまり更新してませんでしたが・・・
休みのたびにいろいろ攻めてます。

例の赤い橋のところもいいんですけど
最近は鳴尾浜の釣り公園がお気に入りです。
入場料で300円かかりますが、水道やトイレが整備されているので
帰る前に道具を洗って帰れるのが素敵です。

さて、その鳴尾浜ですが、最近はシーバスが絶好調です。
朝6時開場なので、日が昇ってしまっている時間帯ですが
開始から30分が勝負。それを過ぎるとパタッとアタリが止むのと
家族連れのサビキ組が大量にやってくるので釣りになりません。

で、昨年末に1年以上かかってやっと釣りあげたのがウソのように
連日釣れてます。

ではまとめてどうぞ!

シーバス

シーバス

シーバス

シーバス

うっひょーって感じです。
釣り公園にはボランティアで釣りを教えているおっちゃんがいて
その人と仲良くなったんですけど、おいしいから食べてみろって言われたので
一匹さばいてもらって持ち帰って食べてみました。

現地ですぐに血抜きしたのと、臭みの取り方を教わったので
まったく臭いはしませんでした。
フライが一番おいしかったです。さすが高級魚スズキ。

というわけで、春のシーズンが終わるまで
もうちょっと鳴尾浜が楽しそうです。

キビレ再び2017/04/23 21:18

先週いい思いをしたあの場所へ再び。
やっぱり穴場なのか、今日も釣り人は無し。

日中の釣りなので、いつものように鉄板バイブレーションを付けて
ただひたすら投げては巻きの繰り返しです。

さすがに前回のように1投目で釣れることはありませんでしたが
時々アタリのようなものが感じられます。
そんな感じが1時間ほど続いて、そろそろ日も暮れそうという頃
岸すれすれにキャストして巻いていると
ガンッ!っていう強烈なアタリがありまして。
グイグイ持っていかれて、なかなか寄ってこないので
先週みたいにまたスレがかりかと思いながら
あるいは大きいのが釣れたかと期待しながら格闘すること数分。
見えた魚体はチヌっぽいけど、なんかでかい・・・

キビレ

今日はちゃんとタモ用意してたぜ!
40センチのキビレでした。ちゃんと口にくわえてましたね。
夕日が当たって赤くなってますが、鯛じゃないですヨ。

これくらいのサイズになると、引きが強烈で面白かったです。
タモがなかったら上がらなかったでしょう。それくらい重かったです。

2週連続でいい思いをさせていただきました。
ここ、ホームグラウンドにしようかなぁ・・・

久しぶりの海釣り2017/04/16 20:29

ようやく暖かくなってきたので(今日はむしろ暑いくらい)、海釣りに行ってきました。
今日は舞洲方面へ。

暖かくて天気が良いとなれば、考えることはみんな同じようで
どのポイントも人だらけ。

仕方がないので、舞洲を離れて釣れそうだけどいい話を聞かない
とあるポイントへ行ってみました。

海釣り

大阪周辺に住んでいる人ならわかるでしょうね。
一応公園になっているんですが、場所が悪いのか
ものすごくさびれていて、お化けでも出そうな雰囲気です。

と思っていたら、今日はバーベキューをしている人がたくさんいました。
実はちゃんと人が集まる場所なのかもしれません。

とはいえ、釣りをしている人はいません。
釣れないからなのか、実は穴場なのか。。。

釣りを始めた時刻は15時くらい。
干潮の一番底の時間帯だし、日中だし、まぁ釣れないでしょう。
とりあえず緑の鉄板バイブレーションを付けて、岸と平行に第1投。
(シーバスは岸際すれすれの場所とか、光と影の境目にいるらしいので。。。)

ここ、確か岸際はすごく浅かったはず。
そして干潮の底なんで、根がかりしないように
着水と同時に巻き始めると・・・あれ、何か引っかかった。

と思ったら、ググーッって引くじゃないですか。
50センチほどのシーバスが釣れちゃいました。
まさか釣れると思ってなかったので(しかも1投目)、カメラもスマホも
フォーセップなどの小物類も全部車の中。
昨年末にも同じことをやったような気がしますが、糸をもって抜きあげました。

さぁ抜きあげたはいいけど、どうやってルアーを外そうか。
そうこうしているうちにギャラリーが集まってきたので
とりあえずロッドを見ていてもらって、車に小道具を取りに走りました。

陸にあげている時間が長かったのと、泥で汚れていたので
写真は撮らず、針を外してすぐにリリースしました。

やっぱいつ釣れてもいいように準備はしっかりしておくべきですね。
気を取り直して再度キャスト。
時々あたりのようなものはありますが、釣れません。

1時間くらいキャストし続けていたら、いきなりガツーンともっていかれました。
かなり大きいのか、ドラグも悲鳴を上げるほど。
しかし今回はタモもしっかり用意しているぜ!
5分くらい格闘して、足元に寄せてみたら・・・


キビレ

キビレでした('A`;) しかもスレがかり。
でも相当な引きで楽しかったです。

ということで、ここは釣れないのではなく
穴場だったようです。