北海道のご当地袋麺セット2018/10/06 22:45

先日帰省した際に、母に送ってもらうよう頼んだものが届きました。

袋麺セット

マルちゃんみそ味ラーメンとS&Bホンコンやきそばです。
これ北海道ではメジャーなんですけど大阪では見たことがないです。
やきそば弁当は北海道フェアで見るようになりましたけども。

どちらもすごくおいしい!ってもんじゃないんですけど
子供のころから慣れ親しんだ味なので
たまにすごく食べたくなるんですよね。

最近はネット通販が普及して、どこでも買うことができるようですね。
また懐かしくなったら今度はAmazonで買ってみることにします。

久しぶりの狼スープ2018/09/28 22:26

世界バレーのオペレーションの勉強のため札幌に帰省しました。
今回からシステムがガラッと変わったのですが
直前まで今まで通りのシステムで行く想定だったため
何をしていいのかみんなよくわかっていない状態でして。
そんな中、10月7日からは大阪大会が始まるので
勉強させてもらおうと思ったわけです。

先日の北海道地震で僕の実家も被災したので
どんな感じかと心配だったのもありますが。

出発は朝6時。関空発の飛行機ですが
こちらも台風の影響で大きな被害を受けた空港です。
連絡橋は工事中でしたが、フライトは大部分が復旧したようで
ひとまずはほっとしたところです。

北海道のほうは被害が大きいのかと思いきや
意外といつも通りな感じでした。
エレベーターとか一部修理中のものもありましたが。
テレビでは被害の大きかった部分のみ集中的に放送するものだから
北海道全体が土砂崩れとか液状化とかの被害に遭っているいる印象を与えますね。
観光客が激減しているそうですが、マスコミは北海道の元気なところも
同じように放送してもらいたいです。

話は変わりまして、帰省するたびに行っている味噌ラーメン専門店
「狼スープ」に今回も行ってきました。
僕が唯一スープまで飲み干すラーメンです。

狼スープ

味噌卵ラーメンを注文。見た目はシンプルですがね
ものすごく深ーい味のスープですよ。
このままスープを飲むと少し酸味が強いんですけど
底の方からひと混ぜすると味がガラッと変わるんですね。

これぞ味噌ラーメンです。
バターとかコーンとかホタテなんてのが乗ってるのは観光客だましです!

幻のぶどう「アジロンダック」2018/08/04 20:55

毎年11月に山梨で行われるワイン祭りで
ここ数年お気に入りになっている赤ワイン「あじろん」ですが
赤ワインでありながらクリアな赤色、圧倒的な甘い香り
飲みやすい甘口で、赤が苦手な僕でもゴクゴク飲めるのです。

そんなあじろんですが、ワインになる前の生ぶどうはどんな味がするんだろうと
ずっと気になっていたわけです。
ところがこのアジロンダックというぶどうは市場にほとんど出回らないので
幻のぶどうともいわれるほどです。

何とか手に入らないかと思っていたところ
バレーボール協会でお世話になっている方が
山梨の会社を通してぶどうを買えるという話をしていました。
そういえば昨年は会議にシャインマスカットを持ってきてくれてたな。。。

ダメもとで相談してみたら、その人は山梨県民でありながら
アジロンダックをご存じないということでした。
でも、会社を通していろいろ探してくださって
何とか生食用のアジロンダックを販売している農家さんを見つけてくれたのです。

アジロンダック

そして今日、生のアジロンダックが届きました!
箱を開けた瞬間にふわっと甘くて強い香りが広がりました
一粒つまんでみましたが、強い甘みと鼻に抜けるあの香り。
気づけば一粒どころか一房全部食べていました。
とてもおいしいぶどうです。

珍しいものをありがとうございます。感謝です。

イチゴを狩る会2018/05/19 18:10

タケノコに続いて春のイベント第2弾
奈良の針テラスでイチゴ狩りをしてきました。

ここではとちおとめ、あきひめ、あすかルビーの3種が栽培されていて
食べ比べをすることができます。

30分食べ放題なので、とりあえず全種類食べてみました。
とちおとめはそもそも熟している実が少なかったので何とも言えませんが
少し酸味が強かったです。

あきひめは果肉が柔らかいのが特徴らしいのですが
ちょっと柔らかすぎて好みじゃなかったです。

そして最初から狙っていたあすかルビーですが
これは甘くて適度な大きさと硬さで、好みばっちりでした。

いちご狩り

というわけで、残りの時間はひたすらあすかルビーをむさぼりました。

いちご狩り

いたるところに真っ赤に熟したあすかルビー。幸せです(´ー`)

いちご狩り

1個ずつ摘みながらたべるのもよし、ためて一気に食べるのもよし。
30分くらい市販のイチゴで5~6パック分は食べました。
大満足の一日でした。

タケノッコーン2018/04/21 21:55

春です。タケノコの季節です。
というわけで、タケノコ堀に行ってきました。

道産子にとってタケノコとは根曲がり竹ですね。
細くてアスパラガスみたいな感じです。
気になる方はグーグル先生に「北海道 タケノコ」と聞いてみてください。

なので、大阪に引っ越してきて春先にスーパーで
でっかいタケノコを見たときは「!?」って感じでしたよ。
そもそも北海道に竹林ねぇし。(道南にあるらしいといううわさは聞く)

だからというわけではありませんが、僕はずっとタケノコ堀にあこがれているのですが
なんせ周りの人たちは全く興味を示さず。
むしろなんで疲れるようなことしに行かなきゃならんの?って空気です。

そんなわけでなかなか賛同してくれる人がいなかったのですが
この度友人を言いくるめて念願のタケノコ堀ができたわけです。

京都のとある農園に1か月前から予約を入れてましたよ。気合充分です
農園に着いたら受付を済ませて、さぁタケノコ堀だ!と思ったら
実は竹林まで少し山歩きしないといけないんですね。
運動不足の人らにはちょっとしんどいかもしれないですが
僕は期待のほうが勝っていたので、全然平気でした。

で、歩くこと十数分。ようやく竹林について、あたりを見回すと・・・

タケノコ

タケノコ来たーーーーーー(・∀・)!
僕一人でテンション上がってて、友人は僕を変な目で見ていたことでしょう。

タケノコってこんな風に頭を出したものはもう硬くてダメだって聞きましたけど
農園のおっちゃん曰く、ここのタケノコはこれくらいのがいいのだとか。
こんなに頭が出てますけど、全部この日育った分らしいです。

お土産は一人500グラムまで無料で、それ以上は量り売りになるシステムです。
ここまで来たらお金なんぞいくらでも払ってやるわ!
とにかく巨大なタケノコを見つけるべく竹林をうろうろしていると
すごくよさげなのを見つけました。

タケノコ

農園のおっちゃんも、これはいいぞ!って勧めてくれたので
傷つけないようにスコップで慎重に周りを掘り起こし始めたのですが
思った以上に大きくて、15分くらい掘って、さらにおっちゃんに助けてもらって
ようやく取り出せました。

タケノコ

みてよこれ!土の下にこんなのが埋まってました!

タケノコ

重さ2.8キログラム!!お土産用の5倍以上の大きさ!
追加料金は1800円ほどになりましたが、大満足です。

掘ったタケノコは、たけのこご飯、筑前煮、チンジャオロースーにして食べました。
柔らかくてとてもおいしかったです。

来年も行けたらいいなぁ。(´ー`)