台湾に行ってきた2017/06/19 22:44

昨年、会社の人に連れて行ってもらって
すっかり気に入ってしまった台湾ですが
今年も行ってまいりました!

コースは昨年と同じで
初日に烏龍茶を買ってその日のうちに台南に移動
2日目にマンゴーかき氷を食べて台北に戻り
3日目は朝市をぶらぶらして帰国という
あわただしくも盛りだくさんの行程です。

初日。桃園国際空港から地下鉄で台北に行けるようになったんですね。
各駅停車で50分ほどかかりましたが
乗り換え等しなくてもよくなったので、とても便利になりました。

さて、最初は豆腐のなんかよくわからないデザートを食しました。
マンゴーとスイカとタピオカが乗っていますが
その下に見た目は杏仁豆腐のような
でもあまり味がしない豆腐の何かが入っていました。

豆腐の何か

とはいえ、まずいわけではなく、おいしいんです。
甘すぎずさっぱりひんやりしていて、ペロッといけました。

豆腐の何かの店

お店はこんな感じです。

次は台湾烏龍茶のお店です。
茗心坊というお店なんですが、ここの烏龍茶がまたおいしいのなんの。
この店の烏龍茶を知ってしまったら、他のは飲めません。

茗心坊

日本語が通じるので、いろいろお話を聞きながら
好みのお茶を探すことができます。
試飲もチャプチャプになるほどさせてくれます。
今年も2時間以上話し込んでしまいました。
お茶好きにはたまらないお店です。

2日目は台南観光&かき氷です。
朝ごはんは牛肉湯デス。
パッと見でなんか肉のゆで汁っぽい名前ですが
はい、そんな感じでした。

牛肉湯

湯ってスープってことだと思いますが
超薄味のスープに牛肉が入っています。
ごはんは甘じょっぱい肉そぼろのようなものが乗っています。
朝から肉かと思うなかれ。ごはんの濃い味と
スープのさっぱりのバランスが良くてペロッと食べられます。

朝ごはんの後は観光です。
塩の博物館に行ってきました。

塩の山

外にこんな大きな塩の山があるんですよ。
雨で溶けてしまわないのかと思っていたら
階段のいたるところに大きな穴が開いていて
いつかこの山も消えていくんだろうなという感じでした。

しょっぱいものの次は甘いものです。
この旅のメインです。マンゴーかき氷。

マンゴーかき氷

氷がマンゴージュースを削ったもので、周りにはフレッシュマンゴーと
上にはマンゴーアイスが乗っています。これでもか!というくらいマンゴーです。
こんなに食べられない!と思うなかれ。気づいたらなくなっているというほど
ものすごくおいしいんです。昨年はこれ一杯だったんですけど
帰国した後にみんな口をそろえて「もう一杯行けたよね」などというものだから
今年は二杯目行っちゃいました!

マンゴーかき氷

有名店が隣接しているので、お店を変えて二杯目です。
今度は味を変えて、イチゴ系の氷にしてみました。

ただ、これがちょっと失敗でした。。。
イチゴミルクみたいな感じで、甘さが強くて
食べるのに難儀しました。
マンゴー部分はおいしかったんですけどね。
氷部分を少し残してしまいました。ごめんなさい。
マンゴー氷だったら全部行けたと思います。

メインのマンゴーをたっぷり味わったあとは
台北に戻って夜ご飯。まだ食べるのかよ!とか言ってるあなた!
そうです、この旅は食の旅なのです。

夕食のお店


小籠包


空心菜とキムチチャーハン

小籠包は鼎泰豊よりこっちのほうが好みでした。
なによりこのキムチチャーハンが今まで食べた中で
一番おいしかったかもしれません。
キムチチャーハンって酸っぱくなるか
水分でべちゃべちゃになりがちなんですけど
これは酸味がなくてパラっとしてて最高でした。
有名じゃなくてもおいしい店はたくさんあるってことですね。

今回の旅でますます台湾が好きになりました。
ぜひまた遊びに行きたいです。

台湾旅行3日目2016/07/25 22:31

台湾旅行3日目、最終日です。

朝食は豆腐の汁がおいしい世紀豆漿大王というお店で、これも有名店らしいです。

世紀豆漿大王


朝食

白いので豆乳のスープかと思ったら
うすしお味の汁にふわふわの豆腐が入ったものでした。
あっさりしているのでペロッと食べられました。

朝食後は近くの朝市を少しだけ散策して帰国準備です。
3日間とても盛りだくさんで、初めての台湾はとても楽しかったです。
旅慣れた会社の方が一緒にいてくれたおかげですね。

台湾旅行2日目2016/07/24 22:39

台湾旅行2日目です。

この旅のメインイベントであるマンゴーかき氷を食べる日です。
その前に・・・台南観光を少し。

粥の店

朝食はお粥を食べました。
サバヒーとかいうなんかよくわからない魚が入ったお粥で
これまた有名らしいです。

サバヒー粥

粥っていうと、中国粥を想像してたんですけど
お粥というよりお茶漬けに近い感じでした。
スープは塩味で極あっさり。中には焼いたフレーク状の魚も入っていて
それが香ばしくておいしかったです。
ただ、スープと魚に少し生臭さがあるので、ダメな人はダメかもしれません。
僕も魚部分は結構残しました。

この旅始まってからずっと飲み食いばかりだったので
少し観光らしいことをしようということで
朝食後は安平古堡というところに行ってきました。
台湾城ともいうらしいです。
僕は歴史が嫌いなので、詳しいことはよくわかりませんが
お城っぽい雰囲気は醸し出されてました。。。


安平古堡

安平古堡

大砲らしきものとかがあって、好きな人にはたまらない場所なのかもしれません。
近くにお寺もありました。
こっちのお寺はすごく豪華というか、派手なつくりをしていますね。

お寺

ここからタクシーで移動すること1時間。
(それでも3000円くらいでした。台湾のタクシー安すぎ!)
玉井というところでいよいよマンゴーかき氷です。
その前に、青果市場をちょっとだけ見学。

青果市場

青果市場

青果市場

青果市場

マンゴーが山積みで売られています。
日本で買ったらいくらするんでしょうね。
ちなみにマンゴーは日本へ持ち帰れないそうなので
買ったら全部食べ切らないといけません。
この量じゃ無理ですね('A`;)

そしてお待たせしました!この旅のメインイベント!
マンゴーかき氷です!(初日にも食べただろうってのは無しです)

マンゴーかき氷

すげえええええええ!
氷の部分もマンゴージュースでできてるし!
ふわふわ氷だし!
生のマンゴーも乗ってるし!
なんかマンゴーの漬物っぽいのも乗ってるし!
おまけにマンゴーアイスまで!
これでもかってくらいマンゴー尽くしですね。
味もすべてが甘くておいしかったです。
今まで食べたかき氷の中で一番です。間違いなし。
これがたったの140NTD!(420円くらい)
日本で食べたら間違いなく1000円は超えますよね。

怪しいオブジェ

マンゴーがスケボーに乗って刻まれたマンゴーを持ってます。
共食い・・・?

もうちょっと時間があったら、もう何件かかき氷の食べ歩きをしたかったです。
このために台湾に行くというのも悪くないって本気で思えました。

名残惜しかったですが、ここで台南から台北へ再び台湾高鐵で移動です。
この日の夜もやはり夜市でごはん。

夜市

ここもかなり有名な夜市らしく、日本人らしき人もたくさんいました。
で・・・ここまであえて書かなかったんですけど
食べ物のあるところ、必ずと言っていいほど臭いんです。
全体がじゃなくて、アレのせいなんです。そう、「臭豆腐」です。
日本でいうくさやとか納豆みたいな感覚なんでしょうか?
とにかく臭い。僕は納豆もパクチーもOKですが、これはダメでした。

夜市

夜市

2枚目のこれですよ。見た目は豆腐なんですけど臭いが強烈です。
どんな臭いかはあえて書きません。とにかく臭いです。

夜市

夜ごはんの中に紛れてました臭豆腐。
僕は食べませんでしたけど、みんなおいしそうに食べてました。
でも、せっかくだから一口いっておけばよかったかな・・・

こんな感じでまたまた盛りだくさんの2日目が終わりました。

台湾旅行1日目2016/07/23 22:21

会社の人と2泊3日の台湾旅行に行ってきました。
社員旅行とかではなく、完全にプライベートな旅行です。

きっかけは「台湾にかき氷食べに行きませんか?」でした。
何のことやら?と思ったら、この季節はマンゴーの収穫期で
マンゴーかき氷がおいしいらしいです。

詳しく話を聞いたら、どうも飛行機が往復3~4万円ほどだそうで
ホテル代など合わせても6~7万くらいで行けてしまうそうな。
しかもJALの飛行機ですよ。すばらしい。
旅の行程もすべてこの方にお任せでいいみたいです。

昨年、フランスで海外旅行の楽しさを知ってしまったので
これはぜひともいかねば!ということで計画していたところ
上司も加わって4名での旅となりました。

朝7時10分に関西国際空港に集合。
企画者の方がJALグローバルクラブの会員だそうで
一緒にチェックインしたら、たまたま並びで空いていた
ビジネスクラスのシートに無料で変更してもらえました。
ゆったり快適な2時間ちょっとの旅でした。

台湾の桃園国際空港に着いて飛行機を降りたとたん
ものすごい暑さと湿気でちょっとびっくりです。
台湾ではこれが普通だそうな。

空港からは台湾高鐵で台北へ。
外国人しか買えないとかいう3日間のフリーパス(8200円ほど)を
買っておくととても便利です。
台北だけの観光であればいらないと思いますが、
今回は台北と台南を往復するので大活躍です。指定席も取れます。

台湾高鐵

どこかで見たことがある形だと思ったら
これ日本の700系新幹線がベースなんですね。
乗り心地は新幹線そのもので快適でした。

台北に着いたらさっそくかき氷の店へ。

かき氷

有名な店らしく、日本人が多く並んでいました。
店員さんも日本語で番号を呼び出すなど慣れている様子でした。

マンゴーとスイカのかき氷

僕が注文したのはマンゴーとスイカのかき氷。
氷がふわふわでした。ガリガリさん的な氷を想像していたので
思わずおぉ~と声が出てしまいました。

ふわふわの名のとおり、口に入れたらふわっと溶けてしまいます。
マンゴーもスイカも甘くておいしかったです。
こんな感じのかき氷が120~140NTD(日本円で360~420円くらい)なのです。
日本じゃこんな値段では食べられないですね。

かき氷を堪能した後は、お茶の店に行きました。
台湾といえば烏龍茶。
企画者の方の行きつけのお店で
説明を聞きながら本格的なお茶を楽しんできました。

烏龍茶

紅茶は普段よく飲みますが、本格的な烏龍茶は初めてです。
採れる高度とか焙煎度によって味が全然違って
どれもおいしかったですが、僕は今回高山烏龍茶を購入しました。

次に行ったのは小籠包がおいしい「鼎泰豐」というお店です。
ガイドブックにも乗ってて、日本にも出店するくらいの超有名店らしいですね。
でぃん たい ふぉんと読むらしいです。

空心菜

空心菜の炒め物。名前は聞いたことがありましたが
実際に食べたのは初めてです。しゃきしゃきでおいしかったです。

小籠包

そして小籠包。これもおいしかったんですが・・・
ぶっちゃけ日本でいつも食べている上海食苑の小籠包のほうが好きです。

鳥のスープ

そして何やら鳥のスープも。
あっさり味でおいしかったです。これでおかゆを作ったらいい感じかもしれません。

みんなおなかがすいていたのか、すごい勢いであっという間に完食。
予定時間より少し早かったので、店の周りを散策して
ふたたび台湾高鐵で今度は台南へ。
台北からは2時間ちょっと。東京~京都くらいのイメージでしょうかね。

台南に着いたらもう真っ暗で、とりあえずホテルにチェックインして
夜市に行ってみることにしました。

夜市

雰囲気は日本のお祭りみたいな感じで、屋台がたくさん出ていました。
毎日どこかでこんな感じの夜市が出ているのだそうな。
どの店も20NTDくらい(日本円で60円)から食べられてとても安いです。
台湾の平均所得がどれくらいのものかわかりませんが
これくらいの価格なら家で作るよりも外食のほうがいいのかもしれません。

夜市

子供が遊ぶ場所もちゃんとあったり。ほんとお祭りですね。

チャーハン

チャーハンを注文してみました。
家でお母さんが作るような素朴な感じでした。

といった感じで1日目は盛りだくさんで終わりました。

山梨ワイン祭り2015/11/15 20:19

毎年恒例の山梨ワイン祭りに行ってきました。

今回はマイカーではなく、新幹線こだまで新富士へ行き
そこからレンタカーで富士山西回りで山梨入りしました。

今年は残念ながら雨の予報。
でも思いのほか富士山が綺麗に見えました。

富士山

このブログでは2回目でしょうか。
本栖湖から1000円札の裏の絵と同じ景色です。

さて、2日目がメインのワイン祭りです。
時折雨が降るあいにくの天気でしたが
大勢の人でにぎわっていました。

山梨ワイン祭り

毎年楽しみにしている甲斐ワイナリーのかざま甲州と
山梨マルスワイナリーのシャトーマルス 牧丘ですが
おいしかったんだけど、どことなく味・香りともに薄い気がしました。
栓を開けてから時間が経ってたのかな・・・

あと、僕は赤ワインが苦手なので毎年避けてきたんですが
昨年あまったチケットで試しに飲んでみたら
すごくおいしいのがあったんですね。
記憶を頼りに探してみたところ、見つけました!

あじろん

これです。あじろん。
あじろんってぶどうの品種なんでしょうかね?

あじろん

色は透き通った鮮やかな赤で、甘口で
赤ワインの香りとはぜんぜん違うすごくいい香りがします。

赤ワインって渋くですっぱくてってイメージしかなかったんですが
これは全く違って飲みやすかったです。
赤ワイン好きの人ならジュースみたいって言うかもしれませんが
苦手な人でも飲めると思います。
あじろんはこれから要チェックです。

3日目は西湖 いやしの里 根場とやらに行ってきました。
かやぶき屋根の家が並ぶのどかなところでした。

いやしの里 根場

いやしの里 根場

確かに癒されるわー。
縁側でお茶飲みながらボケーっとしたいです。
ちなみにこの家の正面に富士山がドンと見えます。

そば

お昼ごはんはここでそばをいただきました。
風味豊かでおいしかったです。
あの岸朝子さんがおいしゅうございますと言ったそばらしいですよ。

という感じで、今年もおいしく楽しいワイン祭りでした。
次は春か夏前ころですかね。
鮎のリベンジしたいです。