山崎蒸溜所見学2018/08/26 22:48

サントリーの山崎蒸溜所見学に行ってきました。

山崎蒸溜所

ここは一度行ってみたいと思っていたのですが
たまたまお誘いをいただいたので、行ってみたわけです。

ウィスキーの山崎は最近品薄で、なかなか手に入らないみたいですね。
館内はウィスキーの歴史とか作り方とかが紹介されていて
ひととおりお勉強した後にテイスティングタイムという流れです。

山崎蒸溜所

通路一杯にずらーっとウィスキーの瓶が並んでいてきれいでした。

山崎蒸溜所

父がよく飲んでいたウィスキーも並んでいました。
昔はよくおつかいで近所の酒屋に買いに行かされましたが
今は年齢確認が厳しくなったので、そういうこともできなくなりましたね。

テイスティング

テイスティングでは、山崎の18年、25年と、父が毎日飲んでいた
オールドを飲み比べてみました。

山崎25年は相当貴重なもののようで、これだけの量で約3000円でした。
それ以外のは100円~なので、どれだけ貴重かわかりますね。

僕は普段ウィスキーは飲まないので的確に表現できるかわかりませんが
若いものは口に含んだ時からアルコールのツーンとした感じが強かったのですが
年を重ねるごとにそのツーンが取れて行って、
樽の木の香りが深くなっていく、そんな感じでした。
25年のは口に含んでしばらくの間は、お酒って感じが全くしなく
甘味と木の香りが口から鼻に抜けていくという
今までに味わったことがない感覚でした。
でも、飲み下したらそこはウィスキー。カーっ!てなりますね。
ウィスキーが好きな父にも飲ませてあげたいと思いました。

なかなか貴重な体験でした。誘ってくれた友人に感謝です。

コメント

_ U子 ― 2018/09/27 18:05

おぉ~
私もウィスキーの味の違いの表現は難しいけど
とりあえず「違う」ってことはおおいに分かったわ!
貴重な高級クラスをお味見させてもらえて嬉しかったぁ~ありがとう
またどっか行こうぜ!

_ ねこにん ― 2018/09/30 20:29

ウィスキーに限らず、味を的確に伝える表現って難しいと思う。
とくにワインなんて何言ってるんだお前って世界ですよ。

今度は美山のかやぶきの里に行くんでしたかね。
また計画していきましょう。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nekonin.asablo.jp/blog/2018/08/26/8950670/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。